ささやく食材【食和日記】

料理レシピ、食、食材、食文化、食べることなど。。。勝手、気ままにささやくブログ

*

豚肉と車麩のとろみレンコン鍋・料理レシピ

   

このところ寒くなったり、暖かくなったりと、まさに文字通りの三寒四温。でも確実に春に向かっていると言う感じがしますね。

とは言ってもまだ美味しいのが鍋もの。

ただこの時期は良く天候と気温をにらみながらしないと、とんでもなく暖かい日に「鍋かよ…」と言うこともあり得ますので。

先日の僕がそうでした…力作の「おでん」を何とも暖かい、いやむしろ暑い日に食べるはめになってしまったのです。


と言うことで「おでん」…ではなくて、こちらの鍋ものの話です。

2016-02-18-1

これは「きょうの料理・2016・1月号」から藤野嘉子さんのレシピを参考にして作った「豚肉と車麩のとろみレンコン鍋」です。

豚肉と車麩のとろみレンコン鍋・・・作ってみました


使う食材です。

2016-02-18-3

参考レシピでは「細ねぎ」を入れるようになっていましたが、今回は春菊を入れることにしました。まあ、単純に春菊が好きなだけなんですが。

まずは、車麩を水で戻します。

2016-02-18-4

次にレンコンとしょうがをすりおろします。

2016-02-18-5

そして、それぞれの食材を食べやすく切ります。

2016-02-18-6

煮汁を土鍋で煮立てたら、先ほどのレンコンとしょうがのすりおろしを入れてひと煮立ち…。

2016-02-18-7

後は具材を入れて煮たら出来上がりです。

2016-02-18-8

豚肉と車麩のとろみレンコン鍋・・・お味は?


鍋ものは、寄せ鍋などのように煮汁自体に味をつけて一緒にいただくものと、水炊きのように、煮汁にはあまり味がついていなくて、ツケだれやポン酢でいただくものがあります。

どちらも一長一短あるのですが、この「豚肉と車麩のとろみレンコン鍋」は前者の鍋ものです。

しかも、煮汁が抜群に美味しいのです。

その理由のひとつは「れんこん」の力。

そしてもうひとつは「しょうが」の力。

煮汁の基本は、かつお昆布だしと酒、しょうゆですが、レンコンのすりおろしが入ることでさらに風味豊かになり、適度なとろみもついて絶品になります。

そしてしょうがのすりおろしが入ることで辛みと風味が増し、寒い日にありがたい、アツアツで温まる鍋ものになるわけです。


具材に目をむけると、豚肉はもちろんそれ自体で美味しいのですが、なんと言っても車麩が美味しい。

それもそのはずで、車麩自体の食感も良いのですが、絶品の煮汁がこれでもか!と言う感じで染み込んでいるんです。

そして、参考レシピにはなかった春菊。これは入れて大正解でした。春菊の独特な風味とこの煮汁が相性抜群です。


とにかく煮汁が絶品の「豚肉と車麩のとろみレンコン鍋」…

よろしかったお試しあれ。

豚肉と車麩のとろみレンコン鍋・レシピ・材料

2016-02-18-2

2016-02-18-1

総カロリー/438.4kcal(1人分)
塩分/0.98g(1人分)
たんぱく質/9.28g(1人分)

【材料 2人分】
  • 豚もも肉薄切り / 200g
  • 車麩 / 2枚
  • しめじ / 60g(1/2株)
  • 長ネギ / 80g(太1本)
  • 春菊 / 144g(1束)
  • しょうが / 20g
  • れんこん / 160g
  • 【煮汁】
  •   かつお昆布だし / カップ3.5
  •   しょうゆ / 小さじ2
  •   酒 / 大さじ3

【レシピ】
  1. 豚肉は食べやすい大きさに切ってください。
  2. 車麩は20分くらい水につけて戻してから、水気を絞って4等分に切ってください。
  3. しめじは石づきを取り食べやすくほぐしてください。
  4. 長ネギは1~2cmくらいの斜め切りにしてください。
  5. 春菊は適当な長さに切ってください。
  6. しょうがとれんこんは皮を剥き、すりおろしてください。
  7. 土鍋に煮汁の調味料を入れて火にかけ、煮立ったらしょうがとれんこんのすりおろしを汁ごと入れてください。
  8. 再び煮立ったら食材を入れて火を通してください。
  9. 全体に火が通ったら出来上がりです。お召し上がりください。

→ 「豚肉と車麩のとろみレンコン鍋」料理レシピをさらに詳


★座和 庵(ざわ・あん)

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ  

 - 料理レシピ, 鍋ものレシピ