ささやく食材【食和日記】

料理レシピ、食、食材、食文化、食べることなど。。。勝手、気ままにささやくブログ

*

おでん・料理レシピ

   

鍋料理が美味しい季節も3月を迎えたことで、ろそろ終盤に近付いていますね。まあ、季節関係なく僕の場合は食べることが結構ありますが。

今まで作った料理のレシピをアップしている僕のサイトでこの前数えたら、鍋料理のレシピだけで40種類以上ありました。

しかし、その中でいまだレシピとしてアップしていない定番中の定番の鍋料理があったんですね。。。

それは「おでん」。

毎冬必ず一回は作るので、もう何回となく作っているのですが、あえてレシピをアップすると言う感じすらしなかった、家庭に根付いた定番中の定番鍋…と言うことでしょうか。


いつもは市販の練り物などを入れていますが、今回は練り物をひとつだけ手作りしたのでワンランクアップした「おでん」になりました。

ryori808-a

ちなみに参考にしたレシピは「オレンジページ」から吉岡英尋さんのレシピです。

おでん・・・作ってみました


まずは手作りの「えびがんも」を作ります。

ryori807-a

使う食材です。

ryori807-c

むきえびは粗めのみじん切りにします。

ryori807-d

豆腐は鍋に手で崩し入れて煮ます。そしてザルに上げて水気を切っておきます。

ryori807-e

ryori807-f

えび、豆腐、たまご、片栗粉、味噌をボウルに入れて良く混ぜ合わせます。

ryori807-g

実はこの生地ですが、ものすごく柔らかいので手で丸めたりすることができません。ですから、お玉ですくってそのまま油の中に入れて4~5分くらい揚げます。

ryori807-h


次に「おでん」を作ります。

大根は隠し包丁を裏に入れて柔らかく下茹でしておきます。こんにゃくは三角形に切ってサッと下茹でしておきます。そして、茹でたまごを作っておきます。


ryori808-f

今回は手作りの「えびがんも」以外に市販の練り物を2品ほど入れました。


煮汁の調味料を鍋に入れて具材を並べてから火にかけます。

ryori808-h

今回は吉岡さんのレシピの通りに、沸騰してから6~7分くらい煮てから一度火を止めて、フタをして1時間以上そのまま置きました。

ryori808-g

後は食べる直前に再び煮立てて出来上がりです。

おでん・・・お味は?


まず「えびがんも」ですが、これが実に美味しいです。

「おでん」の具材としてはもちろんですが、そのままいただいても美味しいです。ものすごくフワフワなんですが時折海老の食感があって美味。

この具材ひとつを手作りしただけで、ホントに今までの「おでん」とは違ってワンランクもツーランクもアップした感があります。


また、今回の「おでん」は参考レシピである吉岡さんの煮方で作りました。

「おでん」と聞くと煮込んだ方が美味しいと言う先入観があったのですが、吉岡さんのレシピでは煮る時間が6~7分。そして1時間以上フタをして置いておくようになってます。

これが大きなポイント。

冷めていく時間の中で余熱で火が通り、さらに味も染みていくと言うことですね。

雑味のないすっきりとした味で、少し上品な感じの「おでん」に仕上がりました。


また、あまり長い時間煮てしまうと、練り物が感がフニャフニャになってしまい、味も完全に抜け切ってしまうのですが、今回くらいの煮時間だとちょうど良いです。

火が通っているけど適度に弾力があって、煮汁の味も適度に染み込んでいて、なおかつ、練り物そのものの味も残っている感じです。


3月とは言ってもまだ寒いですから「おでん」日和もまだあると思います。一品だけでも手作りをしてワンランク上の「おでん」を作ってみてはいかがでしょうか。

よろしかったお試しあれ。

おでん・レシピ・材料


ryori808-i

ryori808-b

ryori808-a
総カロリー/400kcal(1人分)
塩分/2.27g(1人分)
たんぱく質/16.28g(1人分)

【材料 4人分】
  • 大根 / 680g
  • こんにゃく / 150g(約1/2枚)
  • ゆでたまご / 4個
  • 手作りえびがんも / 4~5枚
  • いわしのつくね(市販) / 4~5個
  • いか巻(市販) / 4個
  • 【煮汁】
  •    水 / 1.3リットル
  •    酒 / 1/4カップ
  •    しょうゆ / 大さじ3
  •    みりん / 1/4カップ
  •    昆布 / 1枚

【レシピ】
  1. 大根は2~3cmの厚さに切って皮をむぎ切り口の角を面取りし、片面に隠し包丁を十文字に入れてください。
  2. 鍋にたっぷりの水と大根を入れ、強火で火にかけ、煮立ったら中火にして、竹串がスーッと通るまで20分くらい下茹でしてください。
  3. たまごは茹でて殻をむき、ゆで卵にしてください。
  4. こんにゃくは三角形に切り、沸騰したお湯にサッと入れて1~2分茹で、ザルに上げてください。
  5. 市販の練り物は熱湯をサッとまわしかけて油抜きをしてください
  6. 鍋に煮汁の調味料と具材を入れてください。
  7. 鍋を中火にかけ、煮立ったら弱火にして6~7分くらい煮てください。
  8. 鍋にフタをして1時間以上置いて味を染み込ませてください。
  9. 食べる直前に再び火を入れてひと煮立ちしたら出来上がりです。
  10. 器にお好きな具材を取り、練りからしを添えてお召し上がりください。

「えびがんも」の料理レシピはこちら



「おでん」料理レシピをさらに詳しく


★座和 庵(ざわ・あん)

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ  

 - 料理レシピ, 鍋ものレシピ