ささやく食材【食和日記】

料理レシピ、食、食材、食文化、食べることなど。。。勝手、気ままにささやくブログ

*

豚肉のおから・料理レシピ

   

豆腐を作るときに豆乳を絞った残りかすがご存知「おから」。

その昔、おからは廃棄されていた食材でした。ですから、使用する場合は一度茹でて殺菌をしてから、さらに水で洗って食べていたそうです。

今は衛生状態も良いですし「おから」自体が食材として製品化されていますね。

栄養が豊富でボリュームがある割にはカロリーが低めの食材です。


その「おから」を使用して「豚肉のおから」を作ってみました。

ryori876-a

これは土井善晴さんのレシピを参考にしました。


豚肉のおから・・・作ってみました


まずは、使用する食材です。「おから」と「しょうが」、そして「豚バラ肉」です。

ryori876-c

「おから」自体はそれほど強い味を持っていないので、「豚バラ肉」と合わせることで旨みを引き出します。

まずは、豚バラ肉を細切りにして、塩で下味を付けます。

ryori876-d

次に、しょうがを太めの千切りにします。

ryori876-e

フライパン、または鍋にサラダ油を入れて豚バラ肉を炒めます。

ryori876-f

豚バラ肉に火が通ったら、しょうがを入れて馴染ませます。

ryori876-g

ここに「おから」を入れてほぐします。

ryori876-h

そして、水と酒を入れます。

ryori876-i

煮立ったらアクを取り、弱火で混ぜながら6~7分くらい煮ます。

ryori876-j

しょうゆを入れて味付けをして、さらに混ぜながら煮詰めていきます。

ryori876-k

煮汁がほとんどなくなったら出来上がりです。

ryori876-l


豚肉のおから・・・お味は?


「おから」のしっとりとした食感。そして大豆の香り。。。その中に豚肉の強い食感と旨みが広がります。

さらにシャキシャキとした際立つ食感が生姜。。。そしてその辛み。。。


そうです。影の主役であり、この料理を締めているのが実はしょうがなんですね。。。しょうがはかなり多めに入れます。ですから全体的にしょうがの風味と辛みが支配をしています。


今回は土井善晴さんのレシピより少し豚肉を少なくして、味付けも若干薄味にしてみました。

それでも、食材の持っている力と言うかそれが相互に引き立っている料理ですね。ボリュームの割にはカロリーも塩分も控えめですから良いおかずになります。

よろしかったらお試しあれ。


豚肉のおから・レシピ・材料


ryori876-b

ryori876-a
総カロリー/298.4kcal(1人分)
塩分/0.93g(1人分)
たんぱく質/9.63g(1人分)


【材料 4人分】
  • 豚バラ肉 / 130g
  • 塩 / 小さじ1
  • おから / 300g
  • しょうが / 60g
  • 水 /2.5カップ
  • 酒 / 大さじ4
  • しょうゆ / 大さじ1
  • サラダ油 / 大さじ2


【レシピ】
  1. 豚肉は細切りにして、塩をまぶして下味を付けてください。
  2. しょうがは太めの千切りにしてください。
  3. 鍋、またはフライパンにサラダ油を入れて熱し、豚肉を入れて炒めてください。
  4. 豚肉に火が通ったらしょうがを入れて馴染ませ、おからを入れてほぐしてください。
  5. 水と酒を入れて強火で煮てください。
  6. 煮立ったらアクを取り、弱火にして混ぜながら7~8分くらい煮てください。
  7. しょうゆを入れて、さらに混ぜながら煮汁がほとんどなくなるまで煮詰めてください。
  8. 器に盛り付けをして出来上がりです。お召し上がりください。


→ 「豚肉のおから」の料理レシピをさらに詳しく



こちらもおすすめ・おからの炊いたん

ryori649-a
出しを取らずに煮干しを刻んで直接入れます。手間がいらない割には煮干しの出しが良く染み出て、しっとりとしたおからを引き立てます。

→ おからの炊いたん・レシピ詳細はこちら


★座和 庵(ざわ・あん)

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ  

 - おからを使ったレシピ, 料理レシピ, 豚肉を使ったレシピ