ささやく食材【食和日記】

料理レシピ、食、食材、食文化、食べることなど。。。勝手、気ままにささやくブログ

*

今年もおせち料理作りが始まりました

   

おせち料理作り・日記です


今年もおせち料理の季節になりました。

と言うことで、おせち料理作りの備忘録として「おせち料理作り・日記」をアップしていきたいと思います。


まずは「何を作るか?」


まずは、昨日(26日)、本や雑誌を参考にしながら「今年のおせち料理は何を作るか?」を決めました。

20161227-1

今年は、高齢者と言う視点で考えてみたり、お重はひとつくらいにして、大皿料理をつくろうかと考えてみたり。。。いろいろと試行錯誤したのですが、やはりいつも通りの感じに落ち着きました。

そう、おせち料理は「いつも変わらない普遍性」が魅力であり、文化であると思ってますので。。。


と言うことで、まずは雑誌などを見ながら、気になるおせち料理や作りたいおせち料理をとりあえずメモしていきます。

それから消しこんで、品数を絞っていきます。


品数を絞るコツはいろいろありますが、まずは肉や魚、卵など主となる食材が偏らないように考えます。


次に、年末の予定やおせち料理作りにどのくらい時間を使えるか?と言う視点で絞り込んでいきます。

これは、ある程度の慣れが必要ですね。

何年も作っているうちにだいたいこの料理だったらどのくらい時間が掛かるか?と言うことがわかってきますから。


そして、食べる人のことを考えて絞っていきます。

例えば、以前作ってなかなかの高評価だったものとか、高齢者がいる場合は、軟らかさを考えるとか。


最後にコストで絞ります。

食材自体がえらく高いものの場合は、やはり検討をしたり、諦めたりすることがあります。

また同時に食材の希少性も考えます。

あらかじめ決めてあればネット通販などで手に入れることもできますが、地元のスーパーなどで手に入りにくいものはやはり削っていきます。


でもそうは言っても、一番ポイントになるのは「自分が食べたいかどうか」ですから。自分が食べたくないものは、やはり作る気力がわきませんので。。。


また、おせち料理を選んだ雑誌や本などに付箋を入れておくようにします。そうしないとどこにあったのか?わからなくなってしまいますから。

さらに、おせち料理のリストにも雑誌名などを書いておくとより探しやすいですね。


ちなみに僕の場合はこんな感じです。すごいラフですね。。。


20161227-3

今回も「おかずのクッキング」と「NHKきょうの料理」からのレシピが主になりました。ホント、お世話になっている雑誌です。


おせち料理作りの日程を考えます


次に、おせち料理作りの具体的な予定を考えます。

まずはラフに考えます。とは言っても、これも慣れが必要な部分です。どの料理にどのくらいの時間が掛かるのか?と言うことは経験で得るしかありませんので。。。


例えば、僕の場合はこんな感じです。

20161227-4

ここで黒豆の部分をアップにするとこんな感じ。

20161227-5

27日に下煮をしてひと晩おきます。そして28日に4時間ほど、続いて29日に2時間ほど煮ます。最後は29日から30日にかけてひと晩おいて出来上がり。と言う予定です。


まあ、日程についてはあくまでも予定ですからこの通りにいかないことが多々ありますが。


ちなみに日程を決めるときに、日持ちのことも考慮します。

実はいままで結構早めに作って冷蔵庫で保存をしていましたが、味しくいただけましたので、おせち料理は結構日持ちがすることが経験上わかっています。

とは言っても料理はやはりできたてが一番美味しいのでなるべく後半に集中した方がよいかな。。。と今年は思ってます。

ちなみにだいたいどのおせち料理も3日から4日くらいは冷蔵庫保存で十分持ちますので、そのあたりで日程を組むとよいと思います。

また、豚の角煮や昆布巻きなどは冷凍保存することもできます。ですから、年末より少し早めに作って冷凍するという手もありますね。冷凍したものは自然解凍が基本になりますので。


買い物リストを作成


ここまで出来たら、さっそく買い物リストを作成します。

これは、参考レシピなどを見ながら必要な食材や調味料をピックアップしていけばすぐですね。

20161227-6

ちなみに僕の場合、昨日(26日)に乾物系を買ってきました。

20161227-2

そして本日(27日)、野菜や肉などをすでに購入しました。


もちろん、その都度買い物に行けるようでしたらまとめて購入しなくても良いのですが。僕の場合、どうもその都度行けそうもないので、まとめ買いと言うことにしました。


買い物のコツですが、ひとつのスーパーだけだと欲しい食材が揃わないケースもあったり、結果として値段が高いこともあります。

ですから、何件かのスーパーを一応はしごして購入されることをお勧めします。


ちなみにスーパーでは、年末の価格を設定することが多くあります。

つまりクリスマスが終わる25日に年末商戦への模様替えをすると同時に価格も年末価格に設定するんですね。

なぜかと言うと、年末が一年の内でもっとも売上があるからなんですね。。。

そしてお客様も高いことを暗黙のうちに承諾していますし、高くても必要なので購入されるからです。

ですから、日持ちのする食材は普段価格の25日ごろに買ってしまうのが、実は賢かったりしますので、まあ参考までに。と言っても来年の参考ですけど。。。


今日のおせち料理作り


と言うことで昨日から始めたおせち料理作りですが、実際にはまだ台所に立っていません。。。これから黒豆の下煮と数の子の塩抜きをする予定です。


■12月26日
おせち料理リストの作成
日程の作成
買い物リストの作成
乾物を中心とした買い物

■12月27日
生鮮の買い物
黒豆の下煮(予定)
数の子の塩抜き(予定)


★座和 庵(ざわ・あん)

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ  

 - おせち料理, おせち料理作り2016-2017