ささやく食材【食和日記】

料理レシピ、食、食材、食文化、食べることなど。。。勝手、気ままにささやくブログ

*

紅白のしっとり肉巻き・・・おせち料理レシピ

   

『紅白のしっとり肉巻き』・おせち料理


昨年末に作った「おせち料理」から、今日は「紅白のしっとり肉巻き」の料理レシピをアップします。


ちなみに、昨年の『おせち料理作り』については、このブログのこちらのカテゴリーで日記をアップしていますのでよろしかったらご覧ください。

⇒ 「 おせち料理作り2016-2017

紅白のしっとり肉巻き・おせち料理


見た目「八幡巻き」でも違う?


この『紅白のしっとり肉巻き』は「NHKきょうの料理」の昨年2016年12月号で紹介されたレシピです。料理人の高橋拓児さんが「軽やかおせち」として『おせち料理』の特集をした中のひと品です。


この『紅白のしっとり肉巻き』は、大根とにんじんを牛肉で巻いて、紅白の市松模様にした料理です。

つまり「八幡巻き」ということですね。


ちなみに「八幡巻き」と言うのはゴボウなどの食材を牛肉などで巻いた料理です。

さらに「Wikipedia」でチェックしたら八幡村(現在の京都府八幡市)の郷土料理として知られている…とのことです。だから八幡巻きなんだそうです。。。

主役は本来は「ごぼう」。八幡村も「ごぼう」の産地だそうです。

「ごぼう」は、その土地に根をしっかりと張ると言う意味の縁起食材です。さらに、巻き料理も、巻物に例えられて、学習や習い事の成就と言う意味がある同じく縁起料理です。

料理人の高橋拓児さんが、この料理を「八幡巻き」とせず『紅白のしっとり肉巻き』にしたのは、「ごぼう」を使って無いという伝統を重んじる姿勢があった・・・からでしょうか。

ちなみに「しっとり」の理由は煮絡めるソースに秘密があります。

実はこのソースは抜群に美味しいソースなんですね。


『 紅白のしっとり肉巻き 』作ってみました


では高橋拓児さんのレシピに沿って振り返ります。

まずは食材です。使用するのは『大根』『にんじん』そして『牛肉の薄切り』です。

紅白のしっとり肉巻き

1 フライパンに湯を沸かし、塩を少々加えてにんじんと大根をゆでる。

竹串がスッと通るくらいになったらざるにあけ、水けを拭く。


ここは参考レシピ通りに作りました。

まず、にんじんと大根を1cmくらの四角い棒状に切ります。

紅白のしっとり肉巻き

フライパンに入れてゆでます。

紅白のしっとり肉巻き


2 大根とにんじんが市松模様になるように2本ずつを組み合わせ、

牛肉1枚をのばして端から巻く。同様にもう1本作り、端をようじでとめる。


ここもほぼレシピ通りです。

大根とにんじんを市松模様に組んで牛肉にのせてから巻きます。

紅白のしっとり肉巻き

今回は牛肉がしっかりと巻きついて外れる様子がなかったので、楊枝でとまめせんでした。


3 フライパンにサラダ油少々を熱して牛肉巻きを焼き、全面にしっかり焼き色をつける。


牛肉巻きを動かしながら焼き色をつけていきます。

紅白のしっとり肉巻き


4 フードプロセッサーにソースの材料を入れてかくはんしソースを作る。

フライパンに加え、強めの中火で5分間煮絡めて火をとめる。

ソースにつけたまま冷ましひと口大に切る。


ソースはすべての材料を分量通りに入れて混ぜるだけです。

紅白のしっとり肉巻き

これをフライパンに入れて煮絡めて出来上がりです。

紅白のしっとり肉巻き

紅白のしっとり肉巻き

ちなみにソース作りが手順4になっていますが、僕の場合は、牛肉を焼く前にソースを作っておきました。その方がスムーズにできると思います。


『 紅白のしっとり肉巻き 』食べてみました


牛肉の強い味と食感を過ぎると大根とにんじんの柔らかい食感と優しい味がします。

でも、そこに鎮座している別の味・・・

それがソースの味です。


干し柿とにんじんを使ってるのでその自然な甘味が中心となって濃厚で深い味わいの絶品ソース。

このソースのおかげで、牛肉もパサつき感がまったくなく、お重に入れて冷めても非常にしっとりしています。


料理名にある「しっとり」の演出もこのソースがもたらしているのは言うまでもありません。

この料理のキャラクターはすべて、このソースが作っているという感じですね。


紅白市松模様がくすんでしまう??


味は抜群に良い料理ですが、ひとつネックを上げると、市松模様の紅白の特に白色があまり綺麗に出ないんです。

とくに大根にソースが十分に染みると少しくすんだ紫色っぽくなってしまうんですね。

雑誌の写真はもう少し白が強いですがなんで僕の場合、紫がかってしまったのか・・・ちょっと不明。


参考レシピではお正月に良く利用する金時にんじんがあればそれを…とありますが、そんな理由で、逆に赤が目立ち過ぎるかな思われます。


でも味から考えると、これは些細なことなのかもしれません。

特にこのソースは絶品で、牛肉以外でも肉料理であれば合うと思います。


と言うことで、絶品ソースの『紅白のしっとり肉巻き』。

よろしかったらお試しあれ。


『 紅白のしっとり肉巻き 』・レシピ・材料


紅白のしっとり肉巻き

紅白のしっとり肉巻き・おせち料理

総カロリー/308.8kcal(全量分)
塩分/0.98g(全量分)
たんぱく質/16.07g(全量分)


【材料 作りやすい分量】
  • 大根(1cm角で7cmくらいの長さ) / 6本
  • にんじん(1cm角で7cmくらいの長さ / 6本
  • 牛バラ肉薄切り / 73g(約3枚)
  • サラダ油 / 小さじ2
  • 【A】
  •    酒 / カップ1/2
  •    しょうゆ / 小さじ2
  •    みりん / 大さじ1/2
  •    味噌 / 小さじ1/2
  •    にんじんのみじん切り / 8g
  •    干し柿 / 1/4個
  •    水 / 小さじ1

(オリジナルレシピとの違い)
・大根、にんじんの量 4本→6本
・牛肉の量 2枚→3枚
・ソースのしゅうゆの量 大さじ1→小さじ2+水小さじ1


【レシピ】
  1. 大根とにんじんは、太さ1cm、長さ7cmに切ってください。
  2. フライパンに湯を沸かし、塩(分量外)を少し入れて大根とにんじんを茹でてください。
  3. 竹串が通るくらい柔らかくなったらザルに上げ水けを拭いてください。
  4. フードプロセッサーに【A】の材料を入れてかくはんしてソースを作ってください。
  5. 大根とにんじんが市松模様になるように組み合わせて、牛肉を広げて巻いてください。バラバラにならないように端を爪楊枝でとめてください。
  6. フライパンにサラダ油を入れて牛肉を焼き、全体にしっかりと焼き色をつけてください。
  7. フライパンにソースを入れて全体に絡めて火をとめてください。
  8. 爪楊枝を抜いてひと口大に切り、盛り付けをして出来上がりです。お召し上がりください。
  9. 保存する場合は切らずに、ソースごと密封容器に入れて冷蔵庫で保存してください。

(参考・NHKきょうの料理・2016・12月号より高橋拓児さんのレシピ)


★座和 庵(ざわ・あん)

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ  

 - おせち料理