ささやく食材【食和日記】

料理レシピ、食、食材、食文化、食べることなど。。。勝手、気ままにささやくブログ

*

2018年がスタートしました

   

お正月料理をまとめて


新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


今年はいままで以上に料理、食にアプローチして愛好人として精進をしていきたいと思います。

と言うことで、新年からの料理、食をまとめて振り返ります。


おせち料理


昨年末に完成したおせち料理

最終的に作った料理は12品+紅白かまぼこで合計13品になります。

これを1日にお重に詰めました。


今年のおせち料理はこんな感じです。

2018おせち料理

2018おせち料理

また、おせち料理作りの大反省会は後日に。。。


お雑煮


1日はおせち料理の他にお雑煮をいただきました。

お雑煮

家のお雑煮は鶏肉がベースのしょうゆ味、つまり関東風です。


お雑煮は、地方によって様々ですし、さらに各家庭によっても様々です。聞くところによると万と言う単位での種類があるのだとか。


3日とろろ


正月の3日に山芋や長いもを擦って出し汁で割って、ごはんをいただくのが3日とろろ

3日とろろ

これは関東地方や東北などの地域での習わしだとか。ただし、ポピュラーと言うことでもないようです。

実は僕も数年前までは2日にとろろをいただいていました。特に長野県の南の地方では、1日はお雑煮で2日が長いものとろろをいただくようです。


整腸作用もあり、長生きの願いもあるようですが、特に整腸作用については、この飽食の時代ですから形式的な意味あいだけと言えますね。


七草がゆ


そして今日は7日ですから朝食に七草がゆをいただきました。

七草がゆ

いまは七草がセットで売っているので簡単です。


いつも思うのですが、七草は結構青臭い。。。ですから七草がゆは決して美味しいものではないと思います。

でも、これも風習、習わしですから、若芽、自然の息吹を取り入れるということでありがたくいただきました。


まだまだ続くお正月の食風習


次にいただくのは鏡開きのお餅。さらに、15日の小豆がゆ

これで一応終わりになります。


これらすべて、食べなければどうなるというものでもないのですが、それでも文化的な習慣としてやっぱり、ひと通り食べないと・・・何となくむず痒いというか。

でもこのような食の風習ってやっぱりいいな、って思います。


★座和 庵(ざわ・あん)

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ  

 - 正月料理