ささやく食材【食和日記】

料理レシピ、食、食材、食文化、食べることなど。。。勝手、気ままにささやくブログ

*

2018年(2017年年末)おせち料理作りについて【1】

   

2018年(2017年年末)おせち料理作り・大反省会


小正月も過ぎましたので、ここで昨年末のおせち料理作りのまとめをしてみたいと思います。

昨年末のおせち料理は全部で12品+紅白かまぼこの合計13品を作りました。

例年通りの味に仕上がったものや、失敗したと思われるものなど、いろいろとありますが、まあ総じてそつなくこなせたのではないかと自負しています。


おせち料理・お重詰めについて


まずは出来上がりの写真です。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

2018年(2017年年末)おせち料理作り

全体的な盛りつけについて、今回は葉らんなどで仕切りたかったのですが、いわゆる植物の葉らんはなかなか手に入りませんでした。

ネットで検索すると売ってはいるようですが・・・来年は早めに手に入れて植物の葉らんや笹などを使って仕切りをしてみたいと思ってます。


で、今年は100均に仕切りのグッズがあるということを聞いたのでそれを使ってみました。まあ、少々安めな感じにはなりますが・・・。

こんな感じでいろいろと購入してみました。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

これらのバランなどや裏白を使って仕切ったりしました。

これは一の重ですが、9つに仕切ってみました。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

また、紅白かまぼこは少し背が低くお重に入れたときに埋もれる感があったので、下にかまぼこの板を敷いて底上げをしました。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

さらに、笹風のバランなどもこんな感じで使いました。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

こんな感じで詰めて行って今回のおせち料理を完成させました。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

2018年(2017年年末)おせち料理作り


黒豆


2018年(2017年年末)おせち料理作り

黒豆はもう決まったレシピが自分の中にあるので、その通りに作り、いつも通りの味になりました。ちなみにベースになっているのが土井善晴さんのレシピです。

いつもと少し変えたのが釘。

これは黒豆をより黒く仕上げるために一緒に鉄くぎを煮るのですが、今回は新調して、一度外に置いてサビさせてから使用しました。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

仕上がりの画像では解りにくいですが、いつもよりは黒色が強く仕上がったと思ってます。


数の子


2018年(2017年年末)おせち料理作り

今回の数の子は少しレシピを変えて辰巳芳子さんのレシピを参考に作ってみました。

いつもと違うところは、塩数の子を戻すときに塩水を使いますが、今回は米のとぎ汁を使いました。米のとぎ汁を使うことで、数の子の旨みが逃げないのだそうです。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

さらに、いつもは数の子を漬けた後で包丁で食べやすい大きさに切るのですが、今回は手でちぎってから漬けました。こうすることで、卵が割れず、渋みが出ないそうです。

そして、漬け汁は少し甘味を強めにして、炒って香ばしくしたかつお節を一緒に入れました。


2018年(2017年年末)おせち料理作り

2018年(2017年年末)おせち料理作り

出来上がりの味は結構上品な感じになりました。


たたきごぼう


2018年(2017年年末)おせち料理作り

たたきごごぼうもいつも通りにレシピでそつなくできました。ちなみにベースは有元葉子さんのレシピです。

2018年(2017年年末)おせち料理作り


揚げごまめ


2018年(2017年年末)おせち料理作り

今回は田作りではなくて、揚げごまめにしました。これは清水信子さんのレシピを参考にしました。

田作りはごまめをフライパンで炒ったり、電子レンジで加熱して料理しますが、揚げごまめはそのものずばりで油でごまめを揚げます。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

炒るよりは簡単ですし、時間も短くて済みます。

そういえば、僕の母はいつもごまめを揚げてから砂糖をまぶしています。それはまあ母が作るのであえて避けて、清水さんのレシピ通りに、ひとつはカレー味、そして青のり味、さらに唐辛子味の3つの揚げごまめを作りました。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

それぞれ揚げてからまぶすだけですから簡単です。

カレー味はやはりお重の中では少し異質な味付けと言う感じがしました。また唐辛子はちょっと辛みが強かったかなと。

一番美味しいと思ったのは青のり味。青のりの風味が効いていて揚げたごまめと良く合います。

次回は青のりはもちろん作りますが、その他の例えば山椒粉なども試してみたいと思います。また揚げごまめをそのまま甘辛ダレで和えてみるというのも試してみたいと思います。


スモークサーモンの大根巻き


2018年(2017年年末)おせち料理作り

これは有元葉子さんのレシピを参考にして以前も作ったことがある料理です。

スモークサーモンの塩気のある味と甘酢が良く合ってとっても美味しいので今回も作りました。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

巻きが少しゆるかったので、次回はもう少しきつめに巻きたいと思います。


豆腐だて巻き


2018年(2017年年末)おせち料理作り

直球の伊達巻は白身魚のすり身と卵で作りますが、それを簡単に作るには魚の代わりにはんぺんを使います。

この伊達巻はさらに手軽に豆腐を使って作ります。これは野口日出子さんのレシピを参考にしました。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

ちなみに伊達巻の焼き方もオーブンを使ったりしますが、今回は直球で玉子焼き器で火にかけました。

出来上がりを見ると、もう少し焼き色を付けたほうがよかったかなと。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

味はサッパリした感じで、はんぺんなどの持っている魚の風味と独特の塩味がなくて、もっとスイーツ的な味になりました。

これはこれで美味しい伊達巻きになりました。


栗入りスイートポテト


2018年(2017年年末)おせち料理作り

栗を使った料理は栗きんとんを良く作るのですが、今回はクリスマス・ケーキ作りに使ったマロン・クリームが残っていたので、それを活かしてスイートポテトを作りました。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

さつま芋をふかしてから裏ごしをします。そこにマロン・クリーム、バターなどを入れて練ってから栗を包みます。

卵黄とみりんを混ぜたぬり黄身を作り塗ってからオーブンで焼いて出来上がりです。

2018年(2017年年末)おせち料理作り

2018年(2017年年末)おせち料理作り

まあ、お重の中の箸休め的スイーツとして良くできたと思います。



と言うことで続きの料理については次回。。。


★座和 庵(ざわ・あん)

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ  

 - おせち料理作り2071-2018