ささやく食材【食和日記】

料理レシピ、食、食材、食文化、食べることなど。。。勝手、気ままにささやくブログ

*

ここ最近「鍋物」をせっせと作っています

   

寒い日は鍋物がイイ


立春も過ぎて、暦の上では春なんですが、今年はまだまだ寒い日が続きそうです。

寒い日の食事として、やはり鍋物がイイです。準備も比較的簡単だし、後片付けも楽、それでいて美味しいし、何と言っても温まります。

ここ近年はそれほど鍋物をしていなかったのですが、今年に限っては、かなり積極的と言うか、せっせと作って食べています。

これも寒さゆえですね・・・。


鍋物は本当にヘルシーか?


僕は鍋物に対して、大きくわけて2つの種類で考えています。

ひとつは、水炊き風に薄いダシと味付けでいただく鍋物、もうひとつは、沢煮やすき焼き風にダシと濃い目の味付けでいただく鍋です。

鍋物は良くヘルシーなどと言われますが、意外にそうでもないと思ってます。まあ、そもそも料理に対してヘルシーですと言う言葉は個人的には好きではありませんが・・・。

なぜなら、きちんと作ればすべて料理はヘルシーだと思っているからです。

まあ、この話はまた機会があれば。。。


で、鍋物はヘルシーと言われることに対して、そうでもないと思うのかと言うと、先ほどの2つの種類ともに、意外に塩分量が多いことがまずひとつ。

水炊き風の鍋物の場合、ポン酢や漬け汁が必要ですが、これが結構塩分量が多くなるんですね。また、沢煮やすき焼き風の鍋物は、まあそのものズバリで煮汁がけっこう濃い味になります。


特に最近流行っている鍋汁の素。お手軽で味もそれなりに美味しいと思いますが、いかんせん塩分量が多い・・・そして味が僕には強すぎるかな。

さらに、いろいろな調味料や成分が入っていますので、いかにも複雑であり、不自然な旨み成分だけが強烈に襲ってくる感じがして。。。何を食べているのか、素材の味がよく分からなくなってしまうんです。。。


また、野菜が多いのでカロリーが控えめではありますが、当然ながら肉類や魚介類などの量によってはそれなりのカロリーになります。これが2つめの理由。


そして、鍋物の後のしめ。これも鍋物の醍醐味と言えるのですが、これがまた美味しいのでたくさん食べてしまう・・・結果として高カロリーになってしまいます。


まあ、仮にひとつの鍋物で塩分が10gだったとしても、2人で食べたら5gですから。その他におかずを食べないとすれば1食あたり5gですから、普通の塩分量とも言えますが。

カロリーについてもしめのご飯ものなどを食べなくて済むように野菜中心にした具材を多くすれば、それなりに抑えることができますね。


大根そば鍋


と言うことで、最近作っていただいた鍋物です。

まずは「大根そば鍋」。

これは「NKH きょうの料理」から栗原はるみさんのレシピを参考に作りました。

大根そば鍋

大根を蕎麦状に細長く切って、豚肉とセリと一緒に煮た鍋です。

煮汁は、ダシに薄目に味付けをしてあります。

漬け汁は特に無くて、お好みで粉山椒や七味唐辛子でいただきます。

非常にさっぱりとした味わいの鍋物です。

ちなみに総カロリーは295.2kcalで塩分量は3.26gです。でもこれは2人分の量ですから、まあ少なめと言えます。

大根そば鍋

→ 「大根そば鍋」レシピ詳細


鶏すき


次に「鶏すき」。

これは「おかずのクッキング」から土井善晴さんのレシピを参考に作りました。

鶏すき

鶏もも肉とレバーなどと春菊をすき焼きで使う割り下を入れて煮ます。

濃厚な味わいですが、牛肉のすき焼きとはまた違って鶏肉ならでは深さがあります。

こちらの総カロリーは975.2kcalで塩分量は7.45gです。もちろんこれも2人分です。

割り下を使いますし、鶏肉をたくさん使いますので、まあそれなりですね。

鶏すき

→ 「鶏すき」レシピ詳細


イカわた鍋


そして、もうひとつは「イカわた鍋」。

これは結構昔から作ることがある鍋物なんですが、多分最初はどこぞのレシピを参考にしたと思うのですが、あまり覚えていません。。。

イカわた鍋

これは、先の2つの違って煮汁を濃い目に味付けして、汁ごといただく鍋物です。

イカのわたを最初に油で炒めているので何とも言えない風味と旨みが加わります。

さらに玉ねぎをたくさん入れますので、その甘味がより深みのある味わいに仕上げています。

カロリーと塩分は、総カロリーが687.2kcalで塩分量が3.64gです。これももちろん2人分です。

イカわた鍋

⇒ 「イカわた鍋」レシピ詳細


まだまだ寒いので鍋物を食べます


先の3つの鍋物以外にも、最近こんな鍋物も作りました。

もやしタンタン鍋

ごはん入り肉団子のワンタン鍋

プルコギ鍋

最初は「もやしタンタン鍋」そして「ごはん入り肉団子のワンタン鍋」最後は「プルコギ鍋」です。

これらについてはまた後日、詳細をアップします。


それにしても、いままでたくさんの鍋物を作って食べてきました。

そのレシピも含めてメインサイトで鍋物を特集していますので、お暇なら覗いてみてくださいませ。


→ 特集・「鍋ものが美味しい」鍋もののレシピ・歴史・こだわりなど「鍋もの」を堪能するための特集



★座和 庵(ざわ・あん)

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ  

 - 鍋ものレシピ