ささやく食材【食和日記】

料理レシピ、食、食材、食文化、食べることなど。。。勝手、気ままにささやくブログ

*

この冬いちばんの鍋物は?

   

この冬作った鍋物のまとめ


つい先日まで寒くてしょうがなかったのですが、このところの暖かさで「あっ」と言う間に桜も開花して。。。「あっ」と言う間に鍋物への恋しさも失速。。。

この冬は結構いろいろな鍋物を作って食べたのですが、アップする前に春の気配が濃厚になってしまいました・・・。


と言うことで、この冬に作って食べた鍋物をまとめてアップしておきたいと思います。ちなみに、先日も少し鍋物についてこのブログでアップしましたが、それも含めて改めてアップしておきます。



大根そば鍋


まずは「大根そば鍋」。

大根そば鍋

これは「NKH きょうの料理」から栗原はるみさんのレシピを参考に作りました。


大根を蕎麦状に細長く切って、豚肉とセリと一緒に煮た鍋です。

煮汁は、ダシに薄目に味付けをしてあります。漬け汁は特に無くて、お好みで粉山椒や七味唐辛子でいただきます。

非常にさっぱりとした味わいの鍋物です。

大根そば鍋

→ 「大根そば鍋」レシピ



鶏すき


鶏すき

次は「鶏すき」。

これは「おかずのクッキング」から土井善晴さんのレシピを参考に作りました。

鶏すき

鶏もも肉とレバーなどと春菊をすき焼きで使う割り下を入れて煮ます。

濃厚な味わいですが、牛肉のすき焼きとはまた違って鶏肉ならでは深さがあります。

→ 「鶏すき」レシピ



イカわた鍋


イカわた鍋

次は「イカわた鍋」。

これは結構昔から作ることがある鍋物なんですが、多分最初はどこぞのレシピを参考にしたと思うのですが、あまり覚えていません。。。

イカわた鍋

イカのわたを最初に油で炒めているので何とも言えない風味と旨みが加わります。

さらに玉ねぎをたくさん入れますので、その甘味がより深みのある味わいに仕上げています。

→ 「イカわた鍋」レシピ



もやしタンタン鍋


もやしタンタン鍋

次は「もやしタンタン鍋」です。

「NKH きょうの料理」から堀江ひろ子さんのレシピを参考に作りました。

もやしタンタン鍋

もやしをメインに使った鍋です。豆板醤を使ったピリ辛の肉そぼろを豆乳が和らげてくれます。

辛みと豆乳のコクが交互に押し寄せる、食べ応えのある鍋です。


雰囲気的にはラーメンのタンタン麺の感じ。締めにはラーメンが合いそうな味と言ったらわかりやすいでしょうか。

万人に受ける美味しい鍋物です。

→ 「もやしタンタン鍋」レシピ



ごはん入り肉団子のワンタン鍋


ごはん入り肉団子のワンタン鍋

次は「ごはん入り肉団子のワンタン鍋」です。

「NKHきょうの料理・2015・1月号」から池田百合子さんのレシピを参考に作りました。

ごはん入り肉団子のワンタン鍋

しょうがとワンタンのとろみで体が温まる鍋です。

肉団子にごはんを粗くつぶして入れるのでボリューム感があります。


味的には、どこな懐かしさのある味。鶏ガラワンタンスープって言う感じでしょうか。

ちなみに肉団子は確かにボリューム感がありますが、ご飯をつぶしているので、ご飯感があまりありません。

でももっちりとしていて柔らかいので、美味しいです。

→ 「ごはん入り肉団子のワンタン鍋」レシピ



海鮮だんごと春菊の鍋


海鮮だんごと春菊の鍋

次は「海鮮だんごと春菊の鍋」です。

「NKHきょうの料理・2018・2月号」から白井操さんのレシピを参考に作りました。

海鮮だんごと春菊の鍋

海老とブリを刻んでだんごにして春菊といただく鍋。

海老のプリッとした食感と歯ごたえがあるブリの食感が抜群に美味しく、柔らかく、そして奥深い味わいのだんごを具材にした鍋です。少し苦みがある春菊が海鮮だんごを引き立てます

何にしても海鮮だんごが美味しいです。逆に言うと、無理に鍋にしなくても、海鮮だんごを単体で食べてもイイかなと。

それくらい美味しいです。

→ 「海鮮だんごと春菊の鍋」レシピ



プルコギ鍋


プルコギ鍋

次は「プルコギ鍋」です。

「おかずのクッキング・2016-2017・12/1月号」から土井善晴さんのレシピを参考に作りました。

プルコギ鍋

プルコギ鍋はご存知、朝鮮半島の代表的な肉料理の一つです。

今回は野菜をたくさん入れて、自家製の割りしたでいただくので、ちょっと和風テイストです。


とにかく見た目が美味しそうです・・・もちろん食べても美味しいです。

→ 「プルコギ鍋」レシピ



大和いも入り・きのこ鍋


大和いも入り・きのこ鍋

次は「大和いも入り・きのこ鍋」です。

「おかずのクッキング・2015-2016・12/1月号」から植松良枝さんのレシピを参考に作りました。

大和いも入り・きのこ鍋

いろいろなきのこを入れた鍋に大和いもを入れました。

きのこのだしが十分出て自然な風味の優しい鍋です。きのこのだしを吸い込んだ大和いもも美味しいです。でも味がけっこうたんぱくなので、最後の方は少し飽きがくるかな。。。

→ 「大和いも入り・きのこ鍋」レシピ



鰯とセリの根菜つみれ鍋


鰯とセリの根菜つみれ鍋

次は「鰯とセリの根菜つみれ鍋」です。

「おかずのクッキング・2015-2016・12/1月号」から植松良枝さんのレシピを参考に作りました。

鰯とセリの根菜つみれ鍋

味噌風味でフワフワの鰯のつみれと根菜の香りが食をそそります。

鰯のつみれのフワフワ食感と根菜の歯ごたえのコントラストが美味です。

またセリのシャキシャキした食感と風味も良いアクセントになっています。


にんじんの色とセリの色のコントラストも見た目に美味しさを醸し出しています。

→ 「鰯とセリの根菜つみれ鍋」レシピ



この冬いちばん美味しかった鍋物は?


あくまでも個人的な味覚ですが、いちばん美味しいと感じた鍋物は「鰯とセリの根菜つみれ鍋」です。

鰯のつみれを具材にした鍋物はたまに作るのですがその合わせ具材としては、白菜やネギなどでした。

今回のレシピでは根菜・・・大根、にんじん、そしてごぼうを入れたことが良かったと思います。

根菜の歯ごたえと鰯のつみれのフワフワ感。この相対するコントラストが実に美味しい。。。


そして2番めをあげるとすると「もやしタンタン鍋」かな。

この鍋物は豆乳を使ってるのが良かったです。豆板醤のピリ辛の肉そぼろを豆乳が和らげてくれますから。

この辛みと豆乳のコクと甘味が交互に迫りくる感じが美味しさです。もちろんボリューム感もありますし。



この冬、新たに作ってみた鍋物を振り返ってみましたが、あくまでも、この冬での一番と言うことです。僕のメインサイトでレシピをアップした鍋物は約50品ありましたから。。。

→ 「鍋物レシピ一覧はこちら


じゃあ今まで作って食べた鍋物の中でのいちばんは?と言われると・・・どれも一長一短あって、何とも難しいですね。その選択は・・・また改めてと言うことで。



先ほど天気予報を観ていたら、また寒さが戻ってくるようです。

もう少し鍋物を楽しめそうです。



★座和 庵(ざわ・あん)

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ  

 - 料理レシピ, 鍋ものレシピ